基礎知識

染めの着物と織りの着物の違いについて教えます

着物とひとくくりに言っても、実は複数の種類が存在しています。

代表的な区分としては、染めの着物と織りの着物があります。

それぞれに特徴があって、実は格も大きく異なるので着用する際にはしっかり意識した項目です。

では、染めの着物と織りの着物はどれだけ違いがあるのでしょうか?

ここでは、それぞれの違いについて解説します。

染めの着物って何?

染の着物とは、その名前通りに生地に染色を施した着物のことを指します。

専門的に解説すると、細い生糸で織られた白生地をベースとして、そこにカラーリングや柄などを染色により表現したもののことです。

代表的な染めの着物を取り上げると、振袖や留袖、訪問着、色無地があります。

染めの着物の素材としては、絹の着物においては縮緬や羽二重、綸子、絽などが該当しています。

木綿素材の着物としては、浴衣地、麻の着物においては着尺地、ウールの着物ではシルクウール、紬ウールなどが該当します。

最先端技術を用いた化繊の着物も登場していますが、染めの着物も存在しています。

柄としては、友禅染めや沖縄の伝統的なものである紅型があります。

他にも、型紙を使う江戸小紋を代表した型染めや、絞り染めろうけつ染めなどの技術が用いられています。

染めの着物の着心地はとても良く、手触りがとても柔らかいのが特徴です。

手を通すだけでその良さが実感でき、また着続けてもいつまでも肌触りの良さをキープ可能です。

これもあって、染めの着物はやわらかものという名称で愛されています。

織りの着物って何?

染めの着物とは違い、織りの着物は糸に予め染色処理して、色を付けたものを織って作り上げた着物のことを指します。

染めの着物が着物として仕立てた後に染色するので後染めと呼ばれているのに対し、織りの着物は糸の時点で染めていていることもあり、先染めという名称でも知られています。

糸は染料を充満させた鍋の中に漬け込んで生成することができ、技術的には難しくなく、容易に製造できるのが魅力的です。

手が込んでいる場合は、糸を染色する際に煮る→干すを繰り返すことがあり、これによって繊維の奥まで染料がしっかりと浸透させる方法が取られます。

これにより、染めの着物と比較して丈夫に仕立てる事ができるのが特徴です。

一般的に糸として紬を使用しますが、中には御召や木綿、ウール素材の着物でも織りを採用することがあります。

織りの着物は、イメージとしてはカジュアルシーンで着用するものとして知られています。

例えば、普段のお出かけに使用したり、結婚式の二次会などの少し硬いシーンでカジュアルに見せたいときなどに着用するのが有効的です。

唯一、一つ紋が入った紬の色無地だけはフォーマルシーンでも着用することができます。

織りの着物の代表例としては、大島紬や結城紬、塩沢紬などが有名です。

非常に高価なことで知られていますが、頑丈なこともあり日常的に着用するのにも向いています。

格という面で見れば、染めの着物と比較して劣ってしまいますが、気軽に着用できるという点は評価できますね。

染め帯と織り帯の格の違いがコレ

着物だけでなく、帯にも染め帯と織り帯が存在しています。

着物では格という面では染めの方が高いと解説しましたが、帯では真逆の傾向があり、織りの方が格が高いことで知られています。

織り帯では、錦織と唐織が特に有名であり、重厚なイメージがあり礼装用に活用されることが多いです。

錦織とは、金糸や銀糸、色糸を多用してゴージャスなイメージのある紋織物ことを指します。

一方で、唐織は刺繍を施したように織っていて、ボリュームがあるように見せているのが特徴です。

他にも博多織りがありますが、こちらは一転しカジュアルなシーンで映える帯となっています。

染め帯は、織りの着物ととても相性が良い帯です。

主にお太鼓柄で染められているパターンが多く、柄や素材のコンビネーションによっては準礼装から街着まで幅広く対応できます。

素材としては、縮緬や塩瀬を使用するケースが多いのですが、染色方法は染めの着物と同じ方法が使われます。

カジュアルシーンだけでなく、金銀の彩色で鮮やかなイメージがあるものや、格調高い文様と言ったものであれば、披露宴などのシーンでも十分使用できます。

素材としては、綸子や紬だけでなく、夏に向いた絽や紗などの絹地も活用されています。

これにより、より季節感があるものや個性を強く演出できるものが多いのも特徴です。

帯は、着物との染め方の違いを明確にして、セットを強く意識して選定するようにしましょう。

染めの着物と織りの着物の違いのまとめ

いかがでしたでしょうか?

染めの着物と織りの着物は、単純に染めるタイミングが違うだけでなく、格も大きく異なるのが特徴です。

また、帯にも染めと織りがあるので、使用するシーンに応じて使い分けるようにしましょう。