基礎知識

着物の正しい保管方法を知っていますか?

大切な着物をいつまでも美しい状態を保つためには、実は保管方法も重要となります。

特に、普段あまり着用しない場合は、タンスの肥やしになっているケースもありますが、無造作にタンスに保管しておくのは問題です。

では、着物の保管方法はどのようにすればよいのでしょうか?

ここでは、着物の正しい保管方法について紹介します。

保管場所はどうする?

まずはじめに、着物を保管する場所に最大限注意する必要があります。

では、どのような場所に保管するのがベストなのでしょうか?

桐のタンスや衣装箱が最適です

着物を収納するものとして頻繁に用いられているのが桐のタンスがあります。

単に高級感があってよいというだけでなく、実は理にかなっているものとして活用されています。

まずは、桐は割れにくく変形しにくいという点があります。

職人が作り上げた桐のタンスは、寸分の隙間もなくきちっと作り込まれます。

この状態が、いつまでもキープできるというのが魅力となっています。

他にも、桐は熱伝導率が低いために、仮に燃えても内部まで燃焼しにくい特徴があります。

内部では虫を寄せ付けにいですし、桐自体が湿気を吸い取って内面にまで進行させないために、桐のタンスが着物に頻繁に用いられているのです。

タンスだけでなく、衣装箱としても有効であり、基本は桐素材から選ぶのが鉄則です。

プラスチックやスチール製の衣装箱に注意

衣装ケースとして用いられる素材としては、プラスチックやスチール製があります。

頑丈で安価なこともありとても便利ではあるのですが、着物を収納する上では向いているとは言えません。

というのも、桐と比較して通気性が良くないという点がデメリットとなります。

外からの新鮮な空気を取り入れることが出来ず、ニオイなどがこもってしまいがちです。

仮にプラスチックやスチール製の衣装箱を使用する際には、定期的に蓋を開けて新鮮な空気を取り込むことが重要です。

湿気に注意

着物にとって、湿気は大敵です!

湿気を帯びると、すぐにカビが発生してしまい、それにより大切な着物を劣化させてしまうのです。

その点でも、桐のタンスや衣装箱の場合は湿気をシャットアウトする事が可能であり、理にかなった保管方法なのですが、それ以外の容器に収納する場合は、湿気取りを活用したり、定期的に虫干しすることで大切な着物の状態をキープできます。

防虫剤必須

着物は絹で構成されていますが、絹が好物な虫としてヒメマルカツオブシムシとヒメカツオブシムシがいます。

保管している時に、これらの虫が侵入すると着物に穴が空いてしまいます。

よって、防虫剤は必ず入れて虫を近寄らせないことが重要です。

保管方法はどうする?

保管する容器だけでなく、保管方法にも最大限注意を払うことも重要です。

正しくたたむ・たとう紙に包む

着物は、無造作にたたんで保管すると、皺が発生して傷みに繋がります。

たたみ方としては、本だたみと呼ばれる方法でたたむのが有効的ですが、たたむ際に思わぬ汚れが付着する可能性もあるので、和服用のたとう紙を下に敷いて、包むようにしてたたむのがおすすめです。

無理に詰め込むのは厳禁

コンパクトに収納したいがために、キツめにたたんでそれを無理やり収納するのは、着物にとって傷みの要因となります。

ある程度余裕があるたたみ方をして、多少スペースを犠牲にするかも知れませんが余裕をもって収納することが重要です。

たとう紙には・種類・色・柄などを書く

せっかくきれいにたたんでも、逆にどこにどの着物を収納したかがわからなくなり、結局全部引っ張り出してしまうということも想定されます。

たとう紙に着物の種類や色、柄などの情報を書いておくと、あとで取り出す際にとても便利です。

防虫剤と防湿剤について

桐のタンスや保管箱以外に収納する場合、防虫剤と防湿剤を併用すると、大切な着物を保護することができます。

防虫剤と防湿剤は1種類だけにする

防虫剤と防湿剤は、複数持ちればそれだけ効果があると思いがちです。

ただ、防虫剤と防湿剤は基本的に1種類で高い効果を発揮するように開発されているので、複数種を併用するとお互いの良さを相殺してしまうこともあり、場合によって、液化してシミの要因にもなることがありますので、各々1種類だけを使いましょう。

防虫剤は着物専用のものを使用する事

防虫剤にも実は複数の種類がありますが、着物に向いた種類として、ピレスロイド系の商品があります。

特徴としてシート状でにおいがなく、和服に向いているので、なるべくピレスロイド系から選択してください。

着物に直接触れないように置くのがポイント

防虫剤や防湿剤を使用する場合、思わぬシミなどを作ってしまう可能性があるので、直接着物に触れることなく収納してください。

虫干ししましょう

着物をリフレッシュさせる意味でも、面倒ではありますが虫干しも定期的に行ってください。

虫干しは晴天の日にする

虫干しの意図として、着物を湿気から守るという意味合いがあります。

よって、実施するタイミングとしても梅雨が開けた7月末から8月がベストで、他にも秋晴れの10月頃や一番寒い2月頃に行います。

また、雨が降っていて湿度が高いと意味がないので、晴天の日を選んで行ってください。

風通しの良い日陰がベスト

着物を直射日光に晒すと、色やけが発生しますので絶対に行わないようにしてください。

虫干しの方法としては、風通しの良い日陰で、じっくり干すのがおすすめです。

衣装ケースや引き出しは天日干しにするように!!

着物と同時に、衣装ケースや引き出しについても定期的にメンテンナンスが必要です。

着物と違い、頑丈にできているので衣装ケースや引き出しは天日干ししてしっかりと乾燥させましょう。

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?

大切な着物をいつまでも着続けるためには、保管方法にも最大限注意したいところです。

ここで紹介した内容をしっかりと守り、着物ライフを楽しみましょう。