基礎知識

着物の格についての知識!シーンによって使い分ける着物

どの世界でも、格を重視させる傾向がありますよね。

着物というジャンルにおいても、実は明確な格付けが存在しており、格に応じて価格も変化しますし周囲の見る目も大きく変化します。

では、着物にはどのような格があり、シーンに応じてどのように着分ければよいのでしょうか?

フォーマルな場で着る着物

結婚式などの格式が高い場所で着用する場合、大きく分けて第一礼装と準礼装・略礼装に分類することができます。

第一礼装

第一礼装とは、婚式やお葬式などの冠婚葬祭や各種式典において、主催者が着用するものとなります。よって、その場で最もあらたまった者が着用する着物の事を指します。シーンに応じて、留袖と振袖、喪服に細分化されています。

留袖

留袖とは、既婚女性が着用することができる、最も格の高い礼装として知られています。西洋のイブニングドレスに相当する位置付けになりますが、イブニングドレスのように時間の制約はありませんので、昼夜問わず着用できるのが特徴です。留袖の中にも、黒留袖と色留袖に更に細分化されています。

黒留袖

地色が黒の留袖のことを指します。生地には濱縮緬や丹後縮緬と言った、地模様のない縮緬を用いていますが、唯一裾に模様が入っているのが特徴です。五つ紋を入れることで、既婚女性の第一礼装として活用されています。今では、結婚式や披露宴において親族の既婚女性、仲人夫人の服装として活用されるシーンが多くなっています。

色留袖

地色が黒以外のものを指します。、生地には地模様のない縮緬だけではなく、地模様が織り出された紋意匠縮緬や綸子や緞子、朱子地といったものを用いることもあります。着用目的に応じて、五つ紋、三つ紋、一つ紋、無紋と使い分けていきます。留袖自体は既婚女性に限定して着用する事が多いのですが、最近では未婚女性が礼装として着用することも増えています。地域性などもあるので、着用する場合にはよく確認して選択することが重要となります。

振袖

身頃と袖との縫いつけ部分を極端に少なくして、振りと呼ばれる部分を作った袖をもつ着物のことを指します。振袖が誕生した当初は、着用者が未婚か既婚かということで決める意図はなく、若い女性用の和服として活用されていました。ただ、現在では大きな位置づけとしては留袖が既婚女性が着用するもの、振袖は和解未婚女性が着用するものという位置づけが形成されています。格としては、黒留袖や色留袖と同レベルに位置づけられていて、主に成人式、結婚式の花嫁衣装や参列者の双方で着用されることが多くなっています。

喪服

喪の期間に着る衣服のことを指し、黒色の濃い礼服やスーツ、ワンピース、ツーピースが該当します。着物としての喪服は、正喪服、準喪服、略喪服があり、格式高い場所では正喪服を用います。女性の場合、正喪服は黒無地染め抜き五つ紋付の着物となり、生地という観点で見ると関東では黒の羽二重、関西では黒の一越縮緬を一般的に用いています。

準礼装・略礼装

準礼装と略礼装は、第一礼装に次ぐ格式の高い着物となります。正式な装いではありませんが、きちんと礼儀を尽くした装いをしたい時に活用されています。

訪問着

昼間の礼装という位置づけの女性用和服の事を指します。上前の衽から背縫いにかけて体を巻くように続く絵羽模様があしらわれているのが特徴です。三つ紋や一つ紋を用いている点も特徴の一つです。

付下げ

訪問着をより簡略化した染めの着物の事を指します。訪問着より模様を減らし、衿と肩、裾の前身頃とおくみの模様がつながっていないのが訪問着との違いです。また、反物のまま染色されているので、販売方法としても反物のまま取り扱うことが多くなっています。

色無地

シンプルに一色染めや同色の裾ぼかしを施した着物の事を指します。素材としては縮緬や綸子などが用いられ、主に入学式、卒業式、七五三、通夜、法事などの幅広いシーンで活用されています。

江戸小紋

全体に細かい模様が入ってことが名称の由来となている着物の事を指します。通常、肩の方が上になるように模様付けされるのに対し、小紋は上下の方向に関係なく模様が入っているのが特徴です。小紋自体は礼装や正装としての着用はできませんが、江戸小紋だけは礼服としても活用されています。

カジュアルな場で着る着物

着物は何もフォーマルな場だけで着用するだけでなく、カジュアルに着こなすこともできます。カジュアル向きな着物としては、紬、小紋、浴衣があります。

紬糸で織られている絹織物であり、蚕の繭から糸を繰り出して、撚りをかけることで丈夫な糸に仕上げた上で織ったものを指します。昔は普段着として着用されてきましたが、今では軽く外出する際に着用するものに変化しています。友人との食事やお稽古事などの気負わないおしゃれなシーンで着用するもので、式事では使用することはできません。

小紋

先に江戸小紋を説明しましたが、江戸小紋以外の一般的な小紋は格が下がり普段着や街着としてのみ活用できます。

浴衣

長襦袢を着用しておらず、素肌の上に着る略装のことを指します。主に夏場に着用することが多く、元々は身分の高い人が入浴する際にまとっていたものですが、今では夏祭りなどでは浴衣姿をよく見かけます。

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?

着物の中でも、今回紹介したように明確に格が存在しており、使用するシーンも住み分けられています。

TPOを意識して、適切な着物選びをすることが重要です!