基礎知識

着物の種類と使い分け方などについてまとめました

着物種類

着物とひとくくりに言っていますが、実は多くの種類がありますよね。

各々に使い分けが明確にあり、必要なものを適切に着用することが重要になります。

また、必要な小物も変わってくるので、しっかりと知識を習得しておきたいところです。

ここでは、着物の種類と必要な小物について紹介していきます。

着物の種類

黒紋付(くろもんつき)

黒紋付(くろもんつき)とは、地色が黒の一色染めを用いて、五つ紋を染め抜いた無地の着物のことを指します。着物の中でも最も格の高い正礼装として知られており、結婚式や入卒式などのハレの日に着用されてきており、演技の良いものという認識でした。ただ、最近では葬儀の際に着用するフォーマルな着物として高い価値があります。

留袖(とめそで)

留袖(とめそで)とは、既婚女性が着用することができる最も格の高い礼装のことを指します。江戸時代に若年者が着用していた振袖がありましたが、長い袖を結婚後に短くして身八口を縫い留める習慣があり、これを留袖と呼ばれていたことから、既婚女性が着用することが定着しています。ブラックをベースとした黒留袖と、色合い的にカラフルな色留袖に分類されますが、結婚式や披露宴で着用されています。

振袖(ふりそで)

振袖(ふりそで)は、身頃と袖との縫いつけ部分を減少させて、振りを作った袖が特徴の着物を指します。先に紹介した通り、留袖の原型となった着物としても有名です。袖丈の長さによって、大振袖、中振袖、小振袖に分類されており、袖丈が長いほど格が高いと言われていますが、現代ではさほど意識せず第一礼装として結婚式や成人式などで活用されています。

訪問着(ほうもんぎ)

訪問着(ほうもんぎ)は、昼間の礼装となる女性用和服のことを指します。上前の衽から背縫いにかけて、体をまとわりつくように続く絵羽模様が特徴となっています。フォーマルシーンからカジュアルシーンまで、幅広い場面で活用できるのが魅力となっています。

付け下げ(つけさげ)

付け下げ(つけさげ)は、訪問着を簡略化している染めを採用している着物のことを指します。訪問着より模様を減らして、衿、肩、裾の前身頃とおくみの模様がつながっていません。訪問着に近い柄のものは、付け下げ訪問着とも呼ばれています。昔は花柳界の仕事着として活用されており、今でもよそゆきから準礼装まで対応可能です。

色無地(いろむじ)

色無地(いろむじ)は、柄のない黒以外の無地の和装を指します。無地であるが故に家紋を入れて訪問着などや付け下げなど同じ位置付けの礼服とすることもできますし、黒の帯をすることで略式の喪服としても着用可能です。

小紋(こもん)

小紋(こもん)は、細かい模様を地一面に染め出して作成した織物のことを指します。付け下げと違い、上下の方向に関係なく模様を入れているのが特徴です。礼装の下の普段着という位置づけで、身近なシーンで着用されています。

紬(つむぎ)

紬(つむぎ)は、紬糸で織られた絹織物のことを指します。紬の生地を縫製した和服のことも紬と呼ぶこともあります。外出着やお洒落着として活用されることが多いですが、近年では略正装という位置づけで着用されています。

浴衣(ゆかた)

浴衣(ゆかた)は、主に白地に藍色で柄を染めているものを指します。夏に着用されることが多く、最近ではカラフルな浴衣が増えており若者のファッションとしても定着しています。

着物に必要な小物類

着物だけを着て外出することができず、様々な小物とセットでコーディネートすることになります。

ここでは、代表的な小物について解説します。

襦袢

和服に用いられる下着の一つです。洋服で言えばシャツのような存在となり、最も肌に近い位置に着用する肌襦袢、肌襦袢と着物の間に着用する長襦袢、夏場などに着用する長襦袢の袖が短い半襦袢があります。

足袋

和装の際に足に直接履くものです。洋服で言えば靴下と同じ意味を持ち、木綿の布でできています。靴下と違うのは、小鉤と呼ばれる特有の留め具が付いている点があります。草履や下駄、雪駄を履くために、つま先が親指と他の指の部分の2パートに分類されているのが特徴です。

下駄

鼻緒があり、底部には歯を取り付けている履物です。歩くと特徴的な音がすることでも有名で、風情のある履物としても有名です。

草履

鼻緒を有していて、明治以降に洋靴が導入されるまでは幅広く活用されていた履物です。着物との相性も抜群ですし、夏場の履物としてカジュアルなスタイルにも合わせることが可能です。

着物の上から腰の上に巻いて結び、着物を体に固定させるものです。ベルトのようなイメージで着用しますが、ベルトと違うのは前面に見えることもあり柄やデザインによって着物をより引き立てる効果があります。

帯留め

主に女性が帯締めに通す飾り物です。江戸時代後期から普及し始め、当初は男性が用いることが多かったのですが、今では女性だけが着用するものとして認知されています。

かんざし

髪を飾った髪飾りのことです。漆を塗った木やメッキ加工した金属を用いることが多く、彩りを与えることができるものとして人気です。

半襟

襦袢の襟の上に飾りとして取り付ける布です。着物の雰囲気を気軽に変化させることができたり、差し色などを楽しむことができるものとして人気です。

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?

着物の種類に応じて、小物選びを適切に行うことで、より着物を魅力的なものとして引き立てることが可能です!

ぜひ小物選びも慎重に行ってほしいですね。